委員会について

リハビリテーション推進委員会では、日本フットケア・足病医学会のPODIATRY Projectを指針とし、委員会活動を推進する予定です。特にRehabilitation for Gait、(Health) Insurance、Ambulatory and Amputation Zeroの3つのプロジェクト目標を達成することが本委員会の役割であると考えています。

※日本フットケア・足病医学会のページに飛びます

委員長挨拶

日本フットケア・足病医学会の設立にあたり、あらたにリハビリテーション推進委員会が設置されました。本委員会は、寺師浩人理事長が提唱されている「PODIATRY Project」を指針として活動致します。特にRehabilitation for Gait、(Health) Insurance、Ambulatory and Amputation Zeroの3つのプロジェクト目標を達成することが本委員会の役割であると考えています。これらを踏まえ、当委員会では以下の3つの目的を達成するために活動を行います。教育・啓発を目的として、各リハビリテーション関連団体と連携し、Rehabilitation of Podiatric Medicineに関するセラピストの「卒後教育システムの構築」を目指します。また、標準的なリハビリテーションの評価・介入方法が構築できていない状況を鑑み、エビデンス構築を目的として「臨床研究」を推進します。最も重要な目的は診療報酬の獲得であると考えています。戦略的にエビデンス構築を進め、社会保険委員会との連携のもと活動を行っていきます。本委員会では、以上の活動を通じて、3つのプロジェクト目標を達成しRehabilitation of Podiatric Medicineの確立と普及を目指していきます。

リハビリテーション推進委員会委員長 河辺 信秀

リハビリテーション推進委員会 委員一覧